2009年06月27日

呼吸停止

75歳の父親が痴呆症の為入院治療を行っている最中に病院で肺炎に感染してしまいま....
75歳の父親が痴呆症の為入院治療を行っている最中に病院で肺炎に感染してしまいました。一番疑問で腹立たしいのは、父の呼吸が停止しているのに看護師達が気づかないと言うことでした。たまたま横の患者を診察していた内科医が父の異変に気づき即効に手当てをして頂き一命を取りとめました。あとで家族が病院に駆けつけた時にその医師が私達にこう話されました。あの時私が横の患者を診察をして、異変に気づかなければお父さんは亡くなっていたでしょうと言われました。その後その病棟は信頼が出来ず病室を変えて頂き肺炎の治療をして頂きました。父は奇跡的に回復をしましたが、それもつかの間でした。暫くしてまた肺炎が再発しました。只今の状態は片方が真っ白で、片方の肺にまで進行して来ている状態です。もとはと言えば先生を信頼して入院させた病院なのに、父親をこんな姿にしてくれた病院を私は恨みます。しかい唯一の救いは今の病棟は同じ病院でも別の病院に思えてなりません。看護師は良く父の事を気づかってくれて、良く看護をしてくれます。勿論先生方もとても良くしてくれます。しかし一つだけ先生方に不安を感じます。治療法に少し疑問を持ちます。肺炎に効く抗生剤はどれが合うかわからないので順番に打ってゆきますと言われました。私達素人が言う事でもないですが、この治療法もどうかなと不安を感じます。いま家族で悩んでいる事は転院をさすべきかどうか?頭の中が真っ白です。とにかくこの場で言いたいのは、何処の病院かは言えませんが、痴呆症の治療病棟は看護師自体も最低な看護師ばかりで、人の命を預かる病院として呼吸が止まっているかどうか分からない病院は最低ではないかと思います。このような経験をされたご家族様がおられましたら良いアドバイスをお願い致します。(続きを読む)



更新してなくてサーセン!!! - 甘味
いろいろ最近忙しくて… 更新できてませんでした;; そういえば、 マイケル・ジャクソンさんって死んじゃったんですね・・ びっくりしました〜 あれって、ストレスとかでなんか呼吸停止になってしまったんだって・・ 何があったんですか! ...(続きを読む)


posted by 国内ニュース at 18:57| 国内ニュース